osagariプロジェクト はじまります!

「おさがり」

年長者や目上の人からもらった使い古しの品物。お古。

→ 三省堂 大辞林より引用


 

おさがりと聞いて、私たちは「人の使い古した身の回りのモノ」を思い浮かべます。

 

安価で、それなりにお洒落なデザインのモノが溢れている現代、兄弟姉妹の間ですら「おさがり」の文化は必要性をなくしており、それも当然の流れであるように思えます。

 

しかし、一方で、「この腕時計は、父さんからのお下がりなんだよ」と大切に使っている人を見ると、その人に奥ゆかしさや、溢れる人情味を感じてしまうのも私たち。

 

それは、私たちの心の深い部分に、モノを大切に使うという感性がシッカリ根付いている証なのだと思います。

 

今回、私たちは”おさがり”というキーワードに着目し、近年注目されているアップサイクルの考え方にのせて、使い込まれ想いの詰まったモノに、新しい価値を吹き込む”osagari”プロジェクトを立ち上げました。

 

お客様の大切な方から譲り受けた革製品を、私たちがこれからも永く使って頂けるステキな革靴にお仕立て致します。







新しい素材にはない温かみや、それに込められた想いはお客様の一部となり、これからも受け継がれていくことでしょう。








 

詳しくは、下記商品ページよりご確認くださいませ。

http://joli-qube.jp/?pid=132244453

大切な方からの想いの詰まった“おさがり”をもって、ぜひお越しくださいませ。